漫画・オリオリスープ

講談社の朝食で連載センターの漫画「オリオリスープ」が嬉しいだ♪
主人公はデザイナーのオリエ、26年代独り暮し。
スープが大好きで、外食行く先で食べたり、いきなり事務所で作ったりして楽しんでいます。
読んでいるって、すっごくスープが食べたくなる漫画だ(笑)。
スープは食べたいって思ったら即座に焼けるのがいいですね。
冷蔵庫の残余野菜や導入用のハムなどを炒めて、水やミルクを足して茹でれば出来上がり。
漫画の中で、ピークならではのスープのレシピを紹介してくれるのもうれしいです。
「キャベツは茹ですぎるという臭みが出るから長くて15取り分くらいで」などと、長所残る指針もためになります。
スペシャルをめぐってローリエやハトムギなどを見ると、漫画で見たレシピを思い出してふっと買ってしまう。
紹介されている薬ちゃぶ台スープなど、ハードルが高いスープにも昔挑戦してみたいだ。
個人的には筆者の綿貫芳子くんの絵柄が甚だしく好きです。
殊更毎回のTOPの、野菜という女の子の挿画は芸が細かくておのずと嘆声が出るのです。
まぶたや髪の形容などがとりあえずきれいなので、注目しています。
WEB「モアイ」でWebも読めるので、どうしても読んでみてください♪SM出会系サイトならこのサイト